TorahWiki.JP

TorahReading@Wikipedia: Google翻訳

Toldot

第4朗読

  • イサクはベエルシェバに行った
  • その夜、神はイサクに現れた
  • イサクに恐れを覚えないようにと言った
  • 神は彼と共におられた
  • 彼を祝福した
  • アブラハムのために子孫を増やす
  • イサクは祭壇を建てた
  • 主の呼び名を呼んだ
  • イサクはテントをそこに投げ入れた
  • そのしもべたちは井戸を掘り起こし始めた
  • アビメレクと彼の評議員アフザトとピコルが彼の将軍をイサクに連れてきた
  • イサクを追い出した
  • イサクはなぜ彼らが来たのかと尋ねた
  • 彼らは今、神がアイザックと一緒にいたことを認識した
  • 他に害を及ぼさない条約を求めた

五番目の読み - 創世記26:30-27:27

五番目の朗読(עליה、aliyah)では、イサクはペリシテびとのために宴会を行い、翌朝、彼らは宣誓書を交換し、ペリシテびとは平和の中で彼から出発しました。その日の後半に、イサクのしもべたちは、水を見いだしたことをイサクに告げ、イサクはシバを井戸と名づけたので、その場所はベエルシェバと呼ばれた。閉じた部分(סתומה、setumah)はここで終わる

エサウは40歳の時に読むと、ヒッタイト人の二人の女ユディスとバスマテと結婚し、イサクとリベカのために苦しみを引き起こしました。別の閉じた部分(סתומה、setumah)は、第26章の終わりでここで終わります

第27章で読書が続き、イサクが老いていて視力が衰えていたとき、

彼はエサウを呼んで、ゲームを狩り、料理を準備するように頼みました。そのため、イサクは死ぬ前に彼の内なる祝福を与えるかもしれません。

リベカは聞いていたが、エサウが出発したとき、彼女はヤコブに二人の子供を連れてヤコブがイサクに連れて行って祝福を受けることができるように指示した。ヤコブはリベカに、エサウが髪の毛だったのでイサクが彼に触れ、彼がトリックスターであることを発見し、彼を呪うことに訴えた。しかし、リベカはジェイコブが彼女の指示どおりに行うことを主張して、自分自身に呪いをかけた。そこでヤコブは子供を手に入れ、リベカは料理を準備し、エサウの最高の服を着て、子供の皮でヤコブの手と首を覆った。ヤコブがイサクに行ったとき、彼はどの息子が到着したのかを尋ねました。そして、ヤコブは彼がエサウであり、アイザックの祝福を求めました。アイザックは彼がどのようにすばやく成功したかを彼に尋ねました。彼は神が彼に幸運を与えてくれたと言いました。イサクはヤコブに近づいて、アイザックが彼が本当にエサウであるかどうかを判断すると感じるかもしれないと尋ねました。イサクは彼を感じ、その声がヤコブのものであると思ったが、その手はエサウであった

イサクはそれが本当にエサウであるかどうか疑問に思っていました。そして、ヤコブが彼を保証したとき、イサクはゲームを求めて、ヤコブは彼に子供とワインを与えました。イサクは彼の息子に近づいて彼にキスして、イサクは彼の衣服のにおいをして、彼は畑のように臭いと言った。 5番目の朗読(עליה、aliyah)はここで終わります。

第六読書 - 創世記27:28-28:4

6番目の朗読(עליה、aliyah)では、イサクはヤコブを祝福して、豊かさを与え、人々に奉仕させ、兄弟たちに習熟させ、呪った人を呪​​い、祝福した人々に祝福させます。

ヤコブが去ったときのように、エサウは狩りから帰ってアイザックの皿を用意し、イサクに祝福を求めた。イサクは彼が誰であるかを尋ね、エサウは彼がそれであると言った。アイザックは震え、誰が彼に奉仕していたのか、彼の祝福を受け、今は祝福されなければならないと尋ねました。エサウはうなずき、イサクにも彼に祝福を求めましたが、イサクはヤコブがエサウの祝福を受けていたと答えました。エサウは、ヤコブがそのように名づけられていたかどうかを尋ねました。それは、エサウを二度代わって、最初に彼の生まれの権利と今や彼の祝福を取ってもよいでしょう。エサウはエサウの祝福を予約していなかったかどうかをイサクに尋ねたが、イサクはヤコブを彼に師事させ、穀物とワインを彼に与え、エサウのために何ができるかを尋ねた。エサウは泣いてイサクにも彼を祝福させたので、イサクは地の脂肪と天の露を楽しんで、彼の剣で生き、兄弟に仕え、また彼の玉を砕くために祝福しました。エサウはヤコブに対して恨みを抱き、イサクの死を受けてヤコブを殺すだろうと自問した。エサウの言葉がリベカに達したとき、彼女はヤコブにハランとその兄弟ラバンに逃げようと話し、エサウの怒りが止まり、リベカがそこから彼を引き取ったので、リベカはいつでも両親を失うことはなかった。リベカはアイザックがヒッタイト人の女と結婚するという考えでイサクに怒りを語ったので、イサクはヤコブのために祝福し、カナン人の妻を連れて行かず、パダンアラムとベツエルの家に行ってラバンの娘の中から妻を選んだ。イサクはヤコブに恵みとアブラハムの祝福を与え、神がアブラハムに割り当てられた土地を所有することを祝福しました。 6番目の朗読(עליה、aliyah)はここで終わります。