読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TorahWiki.JP

TorahReading@Wikipedia: Google翻訳

T1-05 Chayei Sara: Genesis 23:01 - 25:18

חַיֵּישָׂרָה: Chayei Sarah、Chaye Sarah、Hayye Sarah: Hebrew for " Life of Sarah "
(From Torah Table - Torah Readings)

  • Torah: Genesis 23:01 - 25:18
    • 妻サラの埋葬地を得るためのアブラハムの交渉
    • アブラハムの息子イサクのために妻を得るという召使(使徒)の使命
  • Haftarah: I Kings 01:01 - 01:31

Google翻訳: Chayei Sarah - Wikipedia

Chayei Sara: Life of Sarah; サラの人生

  • 創世記23:01-25:18
  • 5,314文字、1,402単語、105節
  • トーラスクロール(Sefer Torah)で171行
  • 11月(希に10月末)
  • シムハット・トーラー終了後5番目の安息日

Readings

  • 伝統的な安息日のTorahReadingでは、Parashahは7分割される
  • 「Chayei Sara」には3つの区分(パラグラフ)がある
    1. 最初の5つ (長文)
    2. 6番目
    3. 7番目

First reading – Genesis 23:01–16

第23章: 前半

  • サラは127年生きた
  • サラはヘブロンで死んだ
  • アブラハムは彼女のために悲しんだ
  • アブラハムはヒッタイトに墓地を売却するように頼んだ
  • ヒッタイト人は彼の死の場所を彼らの埋葬地の最善の場所に埋葬するように彼に勧告した
  • アブラハムはヒッタイト人にゾハルの子エフロンと仲裁して、マフラの洞窟をアブラハムに全額売るよう要求した
  • ヒッタイトの町の門の前で、エフロンはアブラハムに畑と洞窟を与えようと申し出た
  • アブラハムはその土地の値段を払うよう主張した
  • エフロンはその土地の価値を銀の400シェケルと命名した
  • アブラハムはエフロンの言葉を受け入れて銀を与えた
  • その土地を購入した

Second reading – Genesis 23:17–24:09

第23章: 後半

  • アブラハムはこうして買い物を通じて土地への称号を確立した
  • サラを洞窟に埋葬した
  • アブラハムは年を取った
  • シニアの召使にアブラハムの太ももの下に手を置き、カナンびとからイサクの妻を奪わないことを誓った
  • イサクを妻にするためにアブラハムの誕生地に行った
  • アブラハムが来た土地にイサクを連れて行かなければならないのですか?
  • アブラハムはイサクをそこに連れて行ってはならないと言った
  • そこでアブラハムは、子孫のためにカナンの地を約束した
  • それは、しもべの前に天使を送り、そこでイサクの妻をうまく迎えることができたからである
  • そして、その女性が彼に従うことに同意しなかった
  • 宣誓
  • その従者はアブラハムの腿の下に手を置き、アブラハムが尋ねたように彼に誓った

Third reading – Genesis 24:10–26

第24章: 前半

  • アブラハムの恩恵とアブラハムのラクダ10羽を受け取った
  • ナホールの町アラム・ナハライムに行った
  • 彼は夕方に街の外の井戸でラクダをひざまずき、女性たちが水を飲むために出てきた
  • この種族は、神に、彼のために水を汲んだり、ラクダに水を供えて返答した女子は、神がイサクのために命じた者かもしれないと、神に願った
  • アブラハムの甥のベツエルの美しい処女であるリベカが彼女の肩に彼女の瓶を出して、春に行って彼女の瓶に満たしてきたとき、彼はほとんど話し終わらなかった
  • 奴隷は彼女に向かって走って、彼女の瓶から少し水を飲むように頼んだ
  • 彼女はすぐに彼に飲ませた。そして、彼が彼の詰め物を飲んだとき、彼女は飲むことを終えるまで、彼のラクダのために水を引き出すように提案した
  • ラクダたちは酒を飲んだ後、金の鼻輪と金のバンド2本を腕にかけ、彼女の娘と父の家に夜を過ごす余地があるかどうかを尋ねた
  • 彼女は自分自身を特定し、夜に過ごすために彼女の家にたくさんのわらと餌と部屋があると彼に言った
  • その僕は神に低く伏した

Fourth reading – Genesis 24:27–52

第24章: 中半

  • 召使はアブラハムに着実に忠実に神を祝福した
  • レベカは走って、すべてを彼女の母親の家に言った
  • リベカの兄弟ラバンは春にしもべに逃げ出した
  • ノーベルクとリベカの腕についたバンドを見た
  • 姉がその話を聞いた時、ラバンはその家に彼らの家を招いた
  • ラクダを降ろしてその召使とその党の足を浴びさせるために水が与えられた
  • 召使は彼の物語を語る前に食べなかった
  • この召使は、神がアブラハムに羊と牛、銀と金、男と女の奴隷、ラクダと尻と息子と唯一の相続人をどのようにして大いに祝福したかを話した
  • アブラハムがアブラハムの親族に行って、イサクを妻にすることを誓い、アブラハムが彼の使命を成就させるために天使を送ったことを、奴隷はどのようにして伝えましたか
  • しもべは彼が井戸でリベカと会ったことを話した
  • 召使は、アブラハムを本当の親切さで扱うことを意図しているかどうかを尋ねた
  • ラバンとベツエルは、その事柄は神によって命じられたと答え、リベカはイサクの妻となった
  • 召使いは神に低く伏した

Fifth reading – Genesis 24:53–67

第24章: 後半

  • 召使はリベカのために銀、金、衣服を持ち出した
  • 兄弟と母親のために贈った
  • しもべとその党は食べ、飲んで、夜を過ごした
  • 翌朝、召使はアブラハムに帰ることを頼まれた
  • ラバンと彼女の母は、リベカが一定の期間内にとどまるように求めた
  • 召使はリベカに電話して答えを求め、彼女は行くことに同意した
  • 彼らは子供たちが何千もの無数になり、彼らの敵の門をつかされることを願ってリベカを祝福した
  • 彼らはリベカとその看護師を召使と一緒に遣わした
  • イサクはちょうどベエル・ラハイ・ロイの周辺からネゲブの自宅まで戻ってきた
  • 夕方に向かって野外を歩いていて、彼が上を見てラクダに近づいていくのを見た
  • リベカは目を上げて、イサクを見て、ラクダから降りて、その男がいたしもべに尋ねた
  • しもべはイサクが主人であると言っていたので、彼女は自分のベールで覆っていた
  • しもべはイサクに起こったことをすべて話した
  • イサクは彼女をサラの天幕に連れて行った
  • 彼女を妻として連れて行った
  • イサクはリベカを愛し、母が死んだ後に慰めを得た
  • このFifth readingで長い24章が終わった
  • 第一区分が終わった

Sixth reading – Genesis 25:01–11

第25章: 前半

  • 第25章で、アブラハムは、ジムラン、ヨクシャン、メダン、ミディアン、イシュバク、シュアを産んだケトラの別の妻を連れて行った
  • アブラハムはイサクに所有していたものすべてを授けようとした
  • 彼がまだ生きている間に贈り物をした祭司たちによって息子たちに誓った
  • 彼を息子イサクから東の地に送った
  • アブラハムは175年の歳月をかけて老いて満足した
  • イサクとイシュマエルはサラとともにマクペラの洞窟に彼を葬った
  • アブラハムの死後、神はイサクを祝福した
  • 彼はベエル・ラハイ・ロイの近くに住んだ
  • 第二区分の終了

Seventh reading – Genesis 25:12–18

第25章: 後半

  • イスマエルに12人の息子がいて、12人の部族の酋長になった
  • イシュマエルは137年間住んで、その後死んだ
  • イシュマエルの子孫は、エジプトの近くのハビラからアシュールに至るまでの土地に住んだ
  • 第三区分の終了

聖書の内的解釈: In inner-Biblical interpretation

創世記第23章

  • アブラハムがヘプテのエフロンに支払う銀の400シェケルは、マッペラの洞窟と隣接する土地を創造23:14-16で買うために、ヤコブがハーマルの子供たちに支払った銀100ピース 創世記33章18-19節のシケムの町の外の天幕ダビデ王がエブス人のアラウナの耕作の床、牛、木のために支払った銀の50シェケル2サムエル24:18-24(しかし、歴代の21:24の報酬は金600シェケルです)
  • エレミヤがエレミヤ書32:7-9のベニヤミンの地にあるアナトテで彼の畑のために彼の従兄弟ハナメルを払った銀製の17シケル。

  • 創世記第23章18節に記されているマッペラの洞窟は、アブラハム自身の埋葬地となった(創世記第25章8-10節)、その後イサク、レベカ、リーア、ヤコブ(創世記49: 29-31)。

創世記第24章

  • アブラハムの召使がイサクのために妻を得るという使命の話
  • 創世記第24章1-27節でナレーターによって一度
  • 創世記24章34-48節でアブラハムの召使によって二度聞かれる
  • アイザック・アブラバネル(Isaac Abrabanel)と他の解説者は、この2つの説明の間にいくつかの違いがあることに留意した。
  • 創世記24章11-27節の井戸にあるアブラハムのリベカのしもべの会(イサクのために)は、結婚につながる水を飲む穴でのトーラの最初の会です
  • 同じタイプの場面でも、創世記29章1-12節の井戸でのヤコブとレイチェルの会合
  • 出エジプト記2章15-21節の井戸でのモーセとジポラの集会がある
  • (1)遠地への旅行、(2)井戸でのストップ、(3)水を飲むために井戸に来る若い女性、(4)水の勇敢な描写、 彼女の家族に報告するために家に帰る、(6)家族に連れてきた訪問者、そして(7)その後の結婚。

初期における非ラビ的解釈: In early nonrabbinic interpretation

創世記第23章

  • 紀元前2世紀の書評
  • アブラハムが10回の裁判に耐え、精神に忠実で忍耐力があることを報告した
  • (1)彼の国を離れ
  • (2)飢饉
  • (3)豊かな王
  • (4)彼の妻
  • (5)割礼
  • (6)ハガルとイスマエルが追い払われた
  • (7)イサクの拘束
  • (8)サラの埋葬地の購入、

ヨセフス

創世記第24章 - ヨセフはレベカがアブラハムの僕に言われた、「私の父はベトエルであったが、彼は死んでいた、ラバンは私の兄弟であり、母と一緒に私たちの家族のすべての世話をし、


古典的なラビ的解釈: In classical Rabbinic interpretation

  • Parashahはミシュナーとタルムードの時代からのこれらのラビの源泉で議論されている

    創世記第23章

    ミッドラッシュは、創世記23章1節では、「サラの人生は「百七十二年」ではなく、百七十二歳である」と記録し、正義者が罪によって全体的で傷つかないように、彼らの年は聖書の中で全部が報告されています。このようにミッドラッシュは、20歳でサラは美人で7歳であったことを教えてくれました。彼女は100歳で罪悪感で20歳になっていました。 )[63]

ラビ・ハガイはラビ・アイザックの名前で、すべての長老たちが預言者であると言った[64]。

伝道の1章5節で、神が前の一人の正義の人の太陽を立てさせる前に、神は別の正義の人の太陽を上げさせるように教えてくれました。「ラビ・アッバ・バー・カハナは、「太陽が上がり、太陽が沈む」」と伝えています。このようにMidrashは、神がサラの太陽を沈めることを許可する前に、神はリベカの太陽を上昇させると教えていました。こうして創世記22章20-23節は、「ミルカを見て、子供たちを産んで、ベトエルはリベカを産んだ」と言い、その後、創世記第23章1節では「サラの生涯は百年であった。 ...」[65]

一度講義をしている間に、Rabbi AkivaはEstherが127の州を支配する理由を尋ねました(Esther 1:1に示されているように)。ラビ・アキバはその理由を教えています.127年生まれの127歳のサラの子孫であるエスターが、127の州に来て治めさせました。

「サラはキリヤト・アルバで死んだ」という創世記23章2節によれば、ミシュラシュはエシュコル、マムレ、キリヤット・アルバ、ヘブロンの4つの名前を持っていると教えています。ミッドラッシュは、アリー、エシュコル、マムレ、アブラハムの4人の正義の男性がそこに住んでいたので、それがキリヤット・アルバと呼ばれたと教えました。アブラハム、アナー、エシュコル、マムレの4人の正義の人が割礼を受けました。アダム、アブラハム、イサク、ヤコブの4人の義人がそこに葬られました。イブ、サラ、リベカ、レアの4人の長老たちがそこに葬られました。

Isaacの犠牲(Caravaggioによる1590-1610年頃の絵画) アブラハムがモリア山から直接来て、イサクを結びつけたことを創世記第23章2節で「アブラハムがサラのために嘆き、彼女のために泣いてきた」という言葉から推測されたミドラシュ。ミッドラッシュは、創世記22章11-12節の瞬間、主の天使がイサクを犠牲にしてアブラハムにとどまったと言って、サタンはイサクの姿でサラに現れました。サラは彼を見て、アブラハムが彼にしたことを尋ねました。彼はサラに彼を山に連れて行き、祭壇を造り、その上に木を置き、それを縛って屠殺するためにナイフを取って、神にアブラハムに手を差してはならないと彼に言わせた彼を殺しただろう。彼が話し終えるとすぐに、サラの魂は出発した。[68]同様に、創世記23章2節を読むと、「アブラハムがサラのために悲しみに来た」とパルケ・デ・ラビ・エリエツァーは、サラが死んだことを知るためにアブラハムがモリア山から来たと報告しました。アブラハムが平安のうちにモリア山から出たとき、アブラハムの奉仕を挫折させたいという希望は実現していなかったことを見て、サメル(サタン)の怒りが燃えていた。そこでサムマエルはサラに、アブラハムがイサクを殺して、彼を祭壇の上に燃え尽くさせたものとして捧げたと話しました。サラは3つの持続音(shofarの)に対応して3回泣き叫び始め、彼女は3つの短い音符(shofarの)に対応する3つの鳴き声を出し、彼女の魂は逃げ出し、彼女は死亡した[69]

アブラハムはサラの葬儀を遅らせ、彼女の身体がどこにあるかを知ることができるようになるまで、アブラハムはサラのために悲しみを言いました。ジェマラはさらに、アブラハムが彼女の葬儀を遅らせることをサラが喜んでいると教えてくれました。

Rav Ashiは創世記23章3節から、人が身体を埋葬する義務を負っている限り、死体のまわりに死体があるかのように推論しています。創世記23章3節では、「アブラハムは死人の前から立ち上がりました」と述べ、サラの身体の存在を離れたことを示しています。そして、創世記23章4節では、「私は私の死人を私の目の前に埋葬するかもしれない」と言って、アブラハムはまだサラの死体が彼の前に横たわっているかのように語った。 (71)同様に、ラビ・ヨハナンは、創世記23章3節で、「アブラハムは死人の前から立ち上がり、語りました」という言葉から学ぶと教えています。彼がShemaを唱えることから免除される前に死んだ嘘(Sarahの埋葬までアブラハムはそれを手配するだけであることを暗示している)。

ゲマラは、第1章6-8節で神と悪魔との会話を拡大して、創世記第23章3節16節に妻を葬するために土地を買う必要があるにもかかわらず、アブラハムが約束の地を受け入れることに忍耐力を持っていることを教えましたジョブのそれに匹敵する。仕事1:6-7は始まります:「今、神の子らは主の前に出て来て、サタンが彼らの中におられました。そして主はサタンに言った、「あなたはどこから来ますか?そしてサタンは答えました... "ジェマラは、サタンが神に言われたと教えました。「宇宙の主権者、私は全世界を横断し、アブラハムのように忠実な人は見つけられませんでした。それはあなたがたにとって、わたしはそれを与えるであろう」[73]。それでも、もし彼が400シェケルの銀貨を買うまで、サラを埋葬する場所を見つけることができなかったとき、彼は不平を言わなかったあなたのやり方。 "あなたは私の僕の仕事を考えましたか?地球の中に彼のような人はいないからです...」[74]

ラビ・ベレキヤとラビ・ヘルボは、ラビ・サミュエル・バー・ナフマンの名前で、シディムの谷(4人の王と5人の王の戦いに関する創世記14章3節で言及されている)が、世界のすべての人々が、杉を倒して、アブラハムのために大きなデーを建て、彼を一番上に置き、(創世記23:6の言葉で)「私たちを聞いてくださいわが主よ、あなたはわたしたちのうちに神の君たちである」。彼らはアブラハムに、彼が彼らの上の王であり、神であることを伝えました。しかし、アブラハムは、世界には王が不足しておらず、世界にはその神が欠けていないと答えました。

ミドラシュは、アブラハムが(創世記22:1と22:11の言葉で)「ここで私は神権のために準備ができており、王のために準備が整っています」(神が選んだどのような役割においても神に仕える準備ができている) 神権と王権の両方を達成しました。 詩編110:4によれば、「主は誓って悔い改めません。「あなたはメルキゼデクのやり方を永遠に司祭にしています」と言っているように、神権を得ました。 創世記第23章6節に記されているように、「あなたは私たちの中の偉大な王子です」[76]

RavとSamuelは創世記23章9節で "Machpelah"の意味(「二重洞窟」を意味する)が異なっていました。 1つは、洞窟が2つの部屋から構成されており、もう1つは下部と上部の部屋で構成されていると主張した。 一つによれば、「二重洞窟」という言葉は、アダムとイブ、アブラハムとサラ、イサクとリベカ、ヤコブとリアの複数の夫婦の埋葬場所であることを意味しました。

同様に、ラビ・エフダは、アブラハムの3人の長老、イサク、およびヤコブがイスラエルの国民と契約を結んだことを教えました。アブラハムの場合、こういうことが起こりました。アブラハムは三人の天使が訪れたとき(創世記18章に記されているように)、彼らに会い、大きな宴会を準備しました。彼はサラに彼らのためのケーキを準備するように言いましたが、サラが混練しているとき、彼女は女性の態度が彼女にあると考えていたので、アブラハムは訪問客にケーキを提供しませんでした。むしろ、アブラハムはふくらはぎを取るために走ったが、ふくらはぎは彼から逃げてマッペラの洞窟に入った。アブラハムはふくらはぎの後を追いかけて、そこにアダムとイブが横たわっているのを見つけました。ライトはそれらの上に燃えていて、甘い香りがそれらの上にあった。その結果、アブラハムは洞窟を埋葬所として取得しようとしました。彼はエブスの子らに話して、彼らから洞窟を購入しました。男性は最初に彼の要求を受け入れなかった。創世記23章12節で報告されているように、「アブラハムは地の民の前で身をかがめました」彼らはアブラハムに、将来、神がすべての土地をアブラハムとその子孫に与えることを知っていると話しました。こうして、アブラハムに、エブライムの子孫がエブスびとの町を占領せず、マッペラの洞窟を永遠の所有物として売ることを約束するように、アブラハムに尋ねました。そこでアブラハムは、エブスびとの同意なしにイスラエル人がエブスびとの町(エルサレム)を占領せず、マッペラの洞窟を永遠の所有物として購入しないという宣誓で彼らと契約を結びました。創世記23章16節アブラハムはエフロンに聞き從い、アブラハムはエスロンに、ヘテの子らの耳に名づけた銀と、銀の四百シェケルと、商人との現金を計った。エブスびとは、アブラハムの契約書に刻印された銅の像を作り、都市の通りにそれらを置いた。イスラエル人が後で土地に来たとき、彼らはエブス派の都市に入ろうとしました(ヨシュア25:8と裁判官1:8に報告されています)。しかし、彼らはアブラハムの契約の印のために、 :21 "ベニヤミンの子らはエルサレムに住むエブス人を追い払いませんでした"。ダビデは王を召集して、エブスびとの町にはいりたいと願っていましたが、サミュエル5:6の報道のように、彼らは彼を許さなかったので、「王とその人たちは、エブスびと、その住民、 「あなたはここにはいることはない」と言ってダビデに言った。「イスラエル人は数は多かったが、アブラハムの約束の兆しのために町を奪うことができなかった。ダビデはこれを見て、サミュエル5:9の報告で、「ダビデはその城塞に住んでいました」(都市ではない)と言いました。ダビデの人々は、アブラハムの契約が書かれたすべてのイメージを取り除くまで、彼が街に入ることができないと彼に言った。だからダビデはその人たちに、その像を取り除く者は誰でも首長になるだろうと言った。ゼルヤの子ヨアブはそのようにして、第一の記録11章6節に記されているように、「ツェルヤの子ヨアブが最初に上って、首長になった」と言って、首長になった。その後、ダビデは永久に所有するために、イスラエルのためにエブス派の町を買いました。歴代誌21:25のように、「ダビデはオルナンに金を600シェケルの重さで渡しました」[78]

創世記23章13節で「取る」という言葉の使用から推測されたゲマラは、「取る」とは金銭的な交換を意味します。したがって、ゲマラは、創世記23章13節と神殿22章13節の「テイク」の一般的な使用に注目して、「人が妻を雇うならば」という意味で、

アブラハムとエプロンの行動とは対照的に、ラビ・エレアザルは正義の約束が少ししかないと多くを実行すると教えました。邪悪な者はそれほど約束を果たしておらず、ほとんど実行しません。ゲマラは悪霊の行動をエフロンから導き出しました。エフロンは、創世記23:15に「その土地は銀の400シェケルの価値がある」と言っていましたが、創世記23章16節には「アブラハムはエフロンに聞き取りました。クリスチャンはヘスの弟子たちの謁見の中で銀の400シェケルと商人との現金を名乗っていました」とエフロンはセンセナリア(普通のシェケルよりも価値がある)以外のものを受け入れることを拒否したことを示しています。そして、ゲマラは、創世記18章5節で「パンを取っておきます」と述べたアブラハムからの義人の行動を導き出しましたが、創世記18章7節では「アブラハムは群れに向かって走りました」彼が提供したよりも。[80]

ラビ・シモンの息子であるラビ・ユダンは、アブラハムがマッペラで洞窟を購入した場所を、イスラエルの国で購入したと報告した3つの場所の1つとして挙げており、イスラエル人を罵倒するかもしれない世界の国々土地を盗んだ。 3つの例は次のとおりです:Machpelahの洞窟。創世記23章16節で報告されています。「アブラハムはエフロンに銀の重さを測った。ジョゼフの墓、そのうちの創世記33:19報告、 "そして彼は土地を買った"; 1つのクロニクル21:25の報告によると、「ダビデはオルナンに金の600シェケルの場所を与えました」と報告しています。

ミシュナーは、アブラハムが良い目(創造23:16のヒッタイト人エフロンとの交際の中で、アブラハムの寛大で容赦のない性質に基づいて、金銭的な事柄における巨大な精神であると考えている)[82]

Rabbi Haninahは、Torahが資格を持たない銀貨(שֶקֶלכֶּסֶף、shekel kesef)を指すたびに、創世記23章16節がエフロンとの取引で引用した銀貨を除いて、セルラ(シェケル)を意味すると教えています。創世記23章16節は資格なしで硬貨を述べていますが、創世記23章16節には「400名の銀貨の売り手との相談」が書かれています(商人がいれば、これらのシェケルそのように受け入れられなければならなかった)、そして彼らがセンテナナと呼ぶ場所が「シェケル」である。[83]

Rav JudahはRavの名前で、創世記23章17節でこう言った。「マフペラにあったエフロンの畑と、その国境にあった現場にあったすべての木は、アブラハムがフィールドを購入することで、周囲の境界で識別されたすべての小さな木が得られました。しかし、購入には、人々が所属する人を知るために周囲の境界線を必要としない、大きくて独特の木は含まれていませんでした。そしてRav Mesharsheyaは、フィールドを購入する人は、フィールドを囲むこれらのストリップ上の境界線と樹木にもタイトルをつけるという、創世記23:17から推論しました。

創世記第24章[編集] MishnahとToseftaは、創世記24章1節から、老後に神がアブラハムを祝福したことを(ミシュナが創世記26章5節から推測したように)明らかにされる前であっても、そしてトセフタは、創世記24章1節に示されている豊かさと創世記26章1節に示された飢饉とのコントラストから、神が人々に食べ物と飲み物を与え、義なるアブラハムが生きている間に来るべき世界を垣間見せたことから推測しました。人々は彼がなくなったときにどれくらい失ったのかを理解するかもしれません。[86]

アブラハムは、彼のしもべにイサクの妻を得るよう命じました。 (1984年イラストレーション、ジム・パジェット、Distant Shores Media / Sweet Publishing) ラビ・ハマ・ベン・ハナは、私たちの先祖は学者評議会がなかったことは決してないと教えてくれました。アブラハムは長老であり、創世記24章1節に書かれているように、「そしてアブラハムは年老いた時に長老(זָקֵן、zaken)であった」という学者評議会の一員でした。アブラハムのしもべエリエゼルは、創世記24章2節にあるように、「アブラハムは自分の家の長老である彼の家に、自分が所有しているものすべてを支配していると言いました」と、学者の評議会の長老であり、彼がその主人の律法を知っていたことを知り、それを支配していたことを意味しています。イサクは創世記27章1節に記されているように、「イサクが長老(זָקֵן、zaken)であったときに来た」という学者評議会の長老であった。ヤコブは長老であり学者協議会のメンバーであり、創世記第48章10節はこう記しています。「今、イスラエルの目は、年齢とともに薄れていました」(זֹּקֶן、zoken)。エジプトでは、出エジプト記3:16のように学者協議会がありました。「イスラエルの長老たちを一緒に集めてください」。そして、荒野では、彼らは民数記11:16のように学者評議会を持っていました。神はモーセに「イスラエルの長老の70人を集めてください」と指示しました。

アブラハムの召使い誓い(1728フィギュア・ド・ラ・バイブルからのイラスト) Pirke De-Rabbi Eliezerは、創世記第15章2節でアブラハムの召しのエリエゼルが紹介した創世記24章2節で、アブラハムの家の無名の管理人を特定しました。 Pirke De-Rabbi Eliezerは、アブラハムがカルデスのウルを去ったとき、王国のすべての巨人が彼に贈り物を与え、ニムロッドはアブラハム・ニムロッドの長男のエリエゼルを永遠の奴隷にしたと語った。エリエゼールがイサクを親切に扱った後、彼はエリエゼルを解放し、神はエリエゼルにバシャンの王キング・オグになるように彼を上げてこの世に彼の報酬を与えました。

トセフタは、ユダヤ人の司法手続は、アブラハムが創世記24章3節で課した宣誓を採択したと報告しています。そしてRavユダは、Ravは、裁判官は創世記24章3節で述べた誓いで証人に臨み、「あなたが天の神、主によって誓わせるようにする」と言った。 Ravinaはこれをユダヤ人の司法手続きが神の名前によって誓うことを要求すると言ったRabbi Haninah bar Idiの見解と一致してこれを説明した。 Rav Ashiは、証言者が神の名のための代理人に賛成できると言ったRabbisの見解に合致していると言っているかもしれないと答えました。アブラハムの召使は、創世記24章9節でアブラハムの太ももの下に手を置き、アブラハムの割礼をしたときに証人が手にした何かを神聖なものにする必要があると結論しました。ラヴァは、「天の神」によって賛美していない裁判官が神聖な物を抱き、誤解を正しく繰り返さなければならないと言った。 Rav Papaによると、テフィリンの訴えに悩まされている裁判官は、誓いを繰り返さなければならないという。法律はRavaに続くがRav Papaではなく、テフィリンは神聖であると考えられている。

ラビ・ハガイはラビ・アイザックの名前で、アブラハムは創世記24章7節で「彼はあなたの前に自分の天使を送る」と預言したとラビ・アイザックの名前で教えた。アブラハムが予言できると思っていても、創世記24章12節でアブラハムの召使は、「わたしの主アブラハムに優しさを示す」と報告しています。ラビ・ハガイは、ラビ・アイザックの名前ですべてが神の親切を必要としていると断言しました。

創造24:10の報告書を読んで、「しもべはラクダのラクダ十頭を取った」と、ミドラシュは「彼らの主のラクダである」という言葉は明らかに余計であると述べました。ミッドラッシュは、アブラハムのラクダはどこに行ってもどこでも区別できると説明しました。なぜなら、彼らは他の人々の畑で放牧されないように騒ぎ出されたからです。

創造24:10の報告書を読んで、アブラハムのしもべが「主人のすべての財産を手に入れました」とラビヘルボはこれが贈り物であると説明しました。(アブラハムによってすべての財産がイサクに作られたので、彼と結婚しようと熱望している)。[92]同様に、ラビ・シメオン(あるいはラビ・シェマヤ)は、アブラハムは、創世記第25章5節に記されているように、彼がアイザックに与えたすべての遺産を遺したと書いていると教えています。アブラハムは書類を取って、彼のしもべエリエゼルに捧げました。彼は、書類が手元にあったので、アブラハムのお金はすべて彼の手に入っていたので、アブラハムの父の家とその家族に行こうと勧めました。 93]

しもべは井戸で止まった。 (1984年イラストレーション、ジム・パジェット、Distant Shores Media / Sweet Publishing) Pirke De-Rabbi Eliezerは、創始者24:10の行進の報告書を読んで、キリヤン・アルバからハランへの旅は17日の旅であると教えましたが、アブラハムのしもべは3時間でハランに来ました。召使は同じ日に到着したことに驚いて言った。(創世記24:42に記されているように)「そして、私はこの日、噴水に来た」と言った。ラビ・アッバフは、神がアイザックに愛の親切を見せたいと教え、エリエゼルの前に天使を送り、彼のために道を短くし、従者が3時間でハランに来たのです。同様にラビ・ベレキヤはラビ・アイザックの名前で、創世記第24章42節の「わたしがこの泉に来た」という言葉は、アブラハムのしもべがその日に出発し、奇跡的に同じ日に到着したことを教えてくれました。ミドラシュはこうしてアブラハムのしもべをゼルヤの子であるヤコブとアビシャイと一緒に数えた。地球が震えて短時間で長距離を奇跡的に旅して隙間を埋めることでスピードを速めた[94]同様に、ラビは、エリエゼルがアブラハムの家庭からその日を出発し、同じ日にアラム・ナハライムに到着したことを意味するように、創世記24章42節で「そしてわたしはこの日に井戸に来ました」という言葉を読みました。ラビはこうしてヤコブ(創世記28章10-11節で暗示されたように)とゼルヤの息子アビシャイのために、エリエゼルの旅を加速するように地球が縮小したと教えていました。

Midrashはなぜ創世記24章11節で、アブラハムの僕が井戸に止まったのかと尋ねました。ミッドラッシュはこうして普通の習慣に従ったと説明した。隣人を探している人は水に座って隣の人を見つけ、結局誰もが水に出るようになる。ミッドラッシュは、家を出たすべての正義者は井戸に行きました。創世記第24章11節のアブラハムのしもべに加えて、創世記第29章2節では、ヤコブについて、「畑の井戸を見てください。」と出エジプト記第2章15節には、「彼は井戸に座っています。

ラヴ・フナは次のように述べています。「婦人が妻を妻にして、犬が吠えるのを聞くと、彼は次に尋ねることができます。創世記24:11の「夕方に、女性が水を飲むために出て行く時に、彼らが何を言っているのか理解していますか? Rav Hunaは、「夕方には、女性が水を飲むために出て行く時に、ちょっとした理由があったと教えてくれました。」[97]

Jephthaの帰還(Giovanni Antonio Pellegriniによる1700-1725年頃の絵画) 召使いのテストを、創世記第24章14節で読むと、「彼女は「飲みなさい」と言うかもしれません。」ミドラシュはなぜ、彼女がそれを証明する印を作ったのかと尋ねました(創世記24:44)主が私の主人の息子のために任命したものです」。ミッドラッシュは、彼女がそのように答えると、アブラハムとサラのようにおもてなしを見せたい、正義の女性になると知っていたと説明しました。

ラビ・サミュエル・バー・ナーマニは、ラビ・ジョナサンの名において、アブラハムの召しのエリエゼルは、創世記24章14節で、彼に水を汲みたいと思った若い女性と、彼のラクダは、神がイサクのために定められたものかもしれません。ラビ・サミュエルは、彼女が不自由していたり​​、盲目になっていたら何が起こったのかと尋ね、エリエゼルは恵まれていると結論づけて、プロビデンスがリベカを彼に会わせて彼に答えたと答えました。ラビ・サミュエルは、エリエゼールの要求を、サウルがサムエル17:25で作った偶然の誓いに比べて、ゴリアテを殺す男に娘と約束し、裁判官の11:31で彼の家から出てきたものを犠牲にすると約束した彼の帰りに彼を満たすために。[99]同様にミドラッシュは、エイブラハムの召使は、エリエゼル、カレブ、サウル、イプドアの4人のうちのひとりであると誤って教えていました。ミッドラッシュは尋ねた:もしエリエゼルが尋ねたように奴隷の女性がやっていたら?しかし、ミドラシュは、神が彼のためにリベカを準備し、礼儀正しい態度で彼の要求を認めたと教えていました。そしてRavは、創造24章14節でEliezerの要請を引用し、1 Samuel 14:9-10のジョナサンが求めている不適切な行為の形としての徴候を引用しました。

ラビ・シメオン・バー・ヤーハイは、アブラハムの召しのエリエゼル、モーセ、ソロモンの嘆きの時にも、神が三人の人に答えたと教えていました。エリエゼルに関しては、創世記第24章15節にはこう書かれています。「言葉をする前に、リベカが出てきたのです」。モーセに関して、民16:31は次のように報告しています。「そして、この言葉をすべて語り終えると、地面が崩れていったのです。ソロモンについては、クロニクル第二7章1節は次のように報告しています。「ソロモンが祈りを終えたとき、火は天から降った」[102]

エリエゼルとレベッカ(ジョヴァンニ・バティスタ・ティエポロによる18世紀絵) Pirke De-Rabbi Eliezerは、神がアブラハムのしもべのために奇跡的に集まったすべてを見たことを教えました。彼女の人生の中で一度も出てこなかった王の娘リベカは、その時に水を飲むために出て行った。アブラハムのしもべを知っていなかった少女は、アイザックと結婚するという彼の提案を受け入れました。 Pirke De-Rabbi Eliezerは、これが生まれてから彼のために運命づけられていたために起こったと教えていました。

Rav Nahman bar Isaacは、アブラハムのしもべが彼女に遭遇したとき、リベカが12歳から12歳までの間に処女であったことを教えるために、創世記24章16節を解釈したタンナを引用しました。

イサクの召使はレベッカの腕の上でブレスレットをしようとしました(ベンヤミン・ウェストが1800年頃に描いた絵) ラビのイサクはベツエルを邪悪な男と呼んだ。 MidrashはBethuelを王として識別した[106]。

ラビ・ルーベン・ベン・エストロビルの名前のラヴは、アブラハムのしもべに対するラバンとベツエルの応答を引用しています。創世記24章50-51節では、神が女性と人をお互いが結婚している。[107] Rabbi Nehemiahの息子であるRabbi Joshuaは、Rabbi Haninah ben Isaacの名前で、ラバンとベツエルが認めたリベカに関する勅令は、モリア山から来たと述べています。

しかしPirke De-Rabbi Eliezerは、ラバンとベトゥエルが創世記第24章50節でこう言ったように教えました。「この事は主から出てきます。あなたが悪いか良いことを話すことはできません。それを妨げない。[109]

レベッカは道でアイザックを迎えます(水彩画は1896-1902年頃ジェームス・ティソットによって描かれています) 創世記24章55節では、翌日、リベカの「兄弟と母親は、「処女を10日ほど我慢しておいてください」と言いました」と、ラビはベツエルのどこに尋ねました。 MidrashはBethuelがRebekahの結婚を妨げたかったと結論づけたので、彼は夜中に打たれました。ラビはアブラハムのしもべがベツエルの運命をイサクに知らせなかったと言った。

Hisda Ravは創世記24:55の「日」(יָמִים、yamim)という言葉を「一年」と解釈しました。創世記24:55には、「彼女の兄弟と母は言った。「少女たちが少なくとも10歳でヤミムに居るようにしてください」。ゲマラは、創世記24:55のיָמִים、yamimが「日」を意味し、それゆえに「二日間」を意味するならば、複数形は複数を意味すると、創世記24:55はリベカの兄弟と母親が最初のEliezerがそれがあまりにも長く、無意識のうちに10日間を示唆していると言ったとき。したがって、ゲマラは、יָמִים、ヤミムは、レビ記25:29に示されているように、「一年」を意味しなければならないと推測しました。「人が城壁のある都市で家を売るならば、売っている、一年間(יָמִים、ヤミン)彼は償還の権利を持っています。こうして創世記24:55は、「乙女は年に一度、あるいは少なくとも十ヵ月で私たちと一緒にいなさい」と言っているかもしれません。それから、数字11:20は「月の日(יָמִים、yamim)」というフレーズを使用するときに示唆されているように、ジェマラはיָמִים、ヤミムは「1ヶ月」を意味すると示唆しました。しかし、ジェマラは、「月」という言葉が特に言及されている場合にのみ、「月」を意味するが、「日」(少なくとも2つ)または「1年」のいずれかを意味すると結論づけられている。ミシュナーは、婚約者が彼女に準備をしてから12ヶ月間、処女が結婚式の準備をすることを許可したと教えた[113]。

Pirke De-Rabbi Eliezerは、召使いが朝早く起きて、彼に同行していた天使を見たと言いました。創世記24:56の「ラバン」の言葉を読んで、「主が私の道を繁栄したので、私を邪魔しないでください。立って通りで彼を待っている。しもべはラバンとその友人に創世記24章56節の言葉を告げ、その前日に彼と一緒に来て、繁栄するために来た男が立って彼を待っていたことを話しました。

Midrashは、創世記24章57節で、リベカの兄と母は、リベカに、アブラハムの僕と一緒にイサクと結婚することに同意するかどうかを尋ねることを決めました。ミッドラッシュは、このことから、父がいない乙女は、同意なしに結婚することはできないと推測している[114]

リベカはカナンの地に来ました(1897年の聖書の絵のイラストとチャールズ・フォスターが教えてくれたこと) 創造24:58では、リベカの兄弟と母は「リベカと呼ばれて彼女に言った、「あなたは行こうか?」ラビ・アナーダの息子であるラビ・ウナニーナは、ラビ・アイザックの名前で、リベカの兄弟と母がリベカに示唆した驚きの音の質問)、 "あなたは(本当に)行くのだろうか?"彼女は言った:「私は行こう」と言った。「リベカは単に「はい」と言っていたのではなく、兄弟や母親にもかかわらず、彼らが望むかどうかを問うと答えた。

Pirke De-Rabbi Eliezerは、ラバンとその家族がリベカのために花嫁の宴会を食べ、飲んだことを教えました。そして、彼女の花嫁の天蓋に立って花嫁を祝福していた職員のように、彼らは創業24:60に記されているように、彼女の妹リベカをイサクに向かう彼女の結婚式に立って祝福した。 "そして彼らはリベカを祝福し、私たちの妹...。 "[109]

Pirke De-Rabbi Eliezerは、ハワンを正午に出発し、リベカと看護婦デボラがラクダに乗ったことを教えました。しもべが夜のリベカと一緒に孤独にならないように、地球は彼らの前で再び収縮し、3時間後、午後の祈りの時に(すなわち、午後3時に)ヘブロンに来ました。イサクは午後の祈りを言うために出かけていました。創世記24章63節でこう言われました。「イサクは夕方に向かって畑で瞑想するために出かけました。

Rabbi Chaninah(バビロニアタルムードによる)の息子であるRabbi Yoseの意見によれば、Rabbi Joshua ben Levi(エルサレムタルムードによる)またはBaraitaは、3つの日々の祈りが総主教から派生し、創世記24:ユダヤ人がアイザックからの午後の祈りを導き出したという命題については、詩篇102:1のように、創世記24章63節の意味では「話す」は「祈り」を意味すると主張している。したがって、創世記24章64節を解釈すると、Rav Hunaは、リベカが最初にイサクを見たときに、手を伸ばして祈りの中にいるのを見たと教えています。

イサクはリベカを愛していた。 (1984年イラストレーション、ジム・パジェット、Distant Shores Media / Sweet Publishing) ラビ・ホセは、イサクは母親のために3年間の喪服を見たと教えていました。 3年後に彼はリベカと結婚し、母親のために喪を忘れた。したがって、ラビ・ホセは、男性が妻と結婚するまで、彼の愛は両親に集中すると教えていました。彼は妻と結婚するときに、妻に愛を捧げると、創世記第2章24節ではこう言います。「人は父と母を離れて妻に結ばなければならない」[118]

ミッドラッシュは、サラが生きている限り、神の存在を意味する雲が彼女のテントにぶら下がっていると教えていました。彼女が死んだとき、雲は消えた。しかし、リベカが来て、それは戻った。サラが生きていた限り、彼女のドアは広く開いていた。彼女の死には、自由意志が終わった。しかし、リベカが来たとき、そのオープンな虚偽が戻った。サラが生きていた限り、彼女の生地には祝福があり、ランプは安息日の晩から次の安息日の夜まで燃えていました。彼女が死んだとき、これらは終わった。しかし、リベカが来て、彼らは帰った。そして、イサクはリベカが自分の母親サラの足跡をたどって、チャレンジを清潔に分け、生地を清潔に扱いました(創世記24:67の言葉を読み返す)。「アイザックは彼女をテントに連れて行った。サラのように)。[119]

ラビ・ユダンは創世記24章67節を読んで妥当性の規則を教えています。男が大人の息子(そして男と息子の両方が結婚したいと思う人)であれば、まず息子が結婚してから妻を連れて行くことを見なければなりません。ラビ・ユダンはこれをアブラハムの模範から導き出しました。最初の創世記24章67節では、「イサクは彼女を母のサラの天幕に連れて行きました」と、創世記25章1節では「アブラハムは別の妻を連れてケトラ"

創世記第25章[編集] ラビ・ユダは、ケトラーはハガルの別の名前であると言った[121]。

ラビ・ユダ、ラビ・ニーヘミア、ラビは創世記25章5節の意味について異なっていました。「アブラハムは、彼が持っていたものすべてをイサクに与えました」。ラビ・ユダはアブラハムがイサクに生まれた権利を与えたと言った。ラビ・ネヘミヤは、アブラハムが創世記12章2節でアブラハムに与えられた祝福の力を与えたと語った。ラビは、アブラハムがマッペラの洞窟に葬られ、贈り物をする特権を与えたと語った。ラビ・シモン、ラビ・ベレキヤ、ラビ・レヴィの名のラビ・ユダは、ラビ・ハニナの子であり、アブラハムはイサクを祝福しなかったが、贈り物をしたと教えていた。ラビ・ハマはこれを、果樹園を持っていた王に似ていました。果樹園には絡み合った2本の木があり、そのうち1本は生命を与える果実、もう1本は致命的な毒をもたらしました。スチュワードは、生命を持っている木に水を注いだ場合、死んでいる人はそれで繁栄するだろうと考えました。死ぬほどの木に水をまかせなければ、生命は生き残ることができませんでした。反映されて、スチュワードは自分の立場が彼に義務を課すことを要求し、果樹園の所有者が何をしたいと思っても、彼はすることができました。同じように、アブラハムはイサクを祝福すれば、イシュマエルとケトラの子供たちも祝福されると主張しました。 IshmaelとKeturahの子供たちを祝福しなかったなら、彼はIsaacを祝福することができませんでした。反射で、彼は彼が肉だけだったと決めました。彼は自分の義務を果たすだろうし、神が何をやろうとしていたとしても、神はやるだろう。その結果、アブラハムが死んだとき、創世記第25章11節に記されているように、神はアブラハムの死後、彼の息子イサクを祝福してくださったので、神がアイザックに現れ、彼を祝福しました。

アレクサンダー・ザ・グレート(大英博物館の2世紀初頭のヘレニズム主義バスト) ミッドラッシュは、イスマイエル人がアレクサンドロス大王の前に来て、カナン人とエジプト人を伴って、イスラエルとの国籍を争うと語った。イシュマエル人は、「彼らは憎まれの息子である初子を認めなければならない」と宣言し、イシュマエルは初子であった。ユダヤ人を代表するコセムの息子ゲビヤは、アレクサンダーに男が自分の息子たちに望むようにできなかったかどうかを尋ねました。ゲビヤは創世記25章5節を引用し、アブラハムは男ができると答えたとき、「アブラハムは彼が持っていたものすべてをイサクに与えた」と言った。 Ishmaelitesは、他の息子たちへの贈り物がどこにあるのかを尋ねました。ゲビヤは創世記25章7節を引用して言った。「アブラハムが持っていた祭壇の子たちに、アブラハムは贈り物をした」。そこでイシュマエル人は恥ずべきところに出た。[123]

ラビ・ハニナの息子ラビ・ハマは、創世記25章11節は、愛するイサクを慰めて、人間が模倣すべき神の属性の一つであることを示していると教えています。ラビィ・ハナイナの息子ラビ・ハマは、「あなたがたは、あなたがたの神、主の後を歩かなければならない」と、神の使徒13章5節が意味することを尋ねました。神の主である神は人の死を歩むことができますか?ラビィ・ハナイナの息子ラビ・ハマムは、神の後を歩くという命令は、神の属性に従うことを意味すると説明した。神の服として、裸である - 創世記第3章21節では、「主なる神がアダムと妻のために肌を塗り、服を着た」と言っています。神が病人を訪ねました - 創世記18章1節では、「主がマムレの樫によって現れました」(創世記17章26節でアブラハムが割礼を受けた後に) - 病人も訪ねてください。神は拝啓者を慰めました.-創世記25章11節は、「アブラハムの死後、神が息子のイサクを祝福したので、わたしたちもまた慰めるべきです。神は死者を埋葬しました.-新約34:6は、「そして彼は彼を谷に葬った」と述べています。死者も葬らなければなりません。同様に、シフレの申命記11:22は、神の道を歩むことは、(出エジプト記34:6の言葉で)「慈悲深く慈悲深い」ことを意味すると教えています。


中世のユダヤ的解釈: In medieval Jewish interpretation

- 創世記第24章[編集] アブラハム・イブン・エズラは、創世記第24章7節で祈りとして「彼はあなたの前にあなたの天使を送る」という言葉を読んでいます。イブンエズラは、それが預言であれば、創世記24章8節で、アブラハムは「女性があなたに従うことを喜ばないならば、 。 。 "[127]

ゾハールは、アブラハムの召使がハランに到着し、リベカと出会ったとき(創世記24:11の言葉で)「夕方に」午後(מִנְחָה、mincha)の祈りの時であったと教えていました。こうしてイサクが午後の祈りを始めた瞬間は、アブラハムのしもべがリベカに遭遇した瞬間と一致しました。リベカはイサクの午後の祈りの瞬間にイサクに来ました(創世記24章64節に報告されています)。

マイモニデス 創世記24章14節、16世紀イタリアのラビ・オバディア・ベンヤコブ・スフォルルノは、アブラハムのしもべが占領によって何をしたのかを分かりました。 Sfornoによると、アブラハムのしもべは、アイザックの運命の妻を認識するためのサインをしなかった。それは、それが占いになるからだ。むしろ彼はそれが彼が記述した方法で起こるかもしれないと祈った。個人が祈りとしてではなく、そのようなことが起こるならば、私はこれを行う "という性質のものを言うならば、個人は占いに罪を犯します。

マイモニデスは、創世記24章51節で、リベカに関するラバンとベツエルの言葉を引用しました。聖書が偶然によって神の出来事に帰するという命題の例として、「彼女は主人の息子の妻となりましょう」

創世記第25章[編集] 12世紀フランスの解説者、ラッシュバムは、創世記25章6節がハガルとケトゥラと呼んでいる「妾」を特定しました。

しかしゾハールは、創世記25章6節のアブラハムには、サラとハガルの隣に2つのやめがあったので、ヤコブのように4人の配偶者がいたということが複数の「妾」から推測されました。


In modern interpretation: 現代的解釈

- 創世記第24章[編集] 創世記24:22では、半シェケルの金輪やベッカ(בֶּקַע)の重量と金のブレスレット(重量で10シケル)について説明しています。 この表は、聖書に使われている重量の単位を現代の同等物に変換します


Commandments

- MaimonidesとSefer ha-Chinuchによると、パラシュアには何の戒めもない。[134]

Kitzur Shulchan Aruchは、自分の食べ物に頼っている動物を食べる人は、自分の動物を食べるまで食べることを禁止されていると教えました.Deuteronomy 11:15に基づいて、「あなたの畑にあなたの牛のために草を与えます。 食べて満足してください "と言います。これは人々の前で食べる動物に優先します。 しかし、Kitzur Shulchan Aruchは、人々は動物の前で、飲酒に関して飲みに来たと言いました。「飲み物と私はあなたのラクダを引きます」と、ナンバー20:8と、「あなたは水を提供します 会衆とその牛のために」


In the liturgy

- パラシュアは、ユダヤ人の典礼のこれらの部分に反映されています:

ユダヤ人の中には、ユダヤ人の一部が創世記12-25でアブラハムの10回の試練を参照するものとして、ペルケイ・アヴォの第5章を過越祭とロシュ・ハシャナの間の安息日に研究しています。

ユダヤ人は、食事の後の祝福(Birkat Hamazon)において、神の恵みに対する感謝の4番目の祝福の終わりに、Gensis 24:1、27:33、33:11に記されている神の祝福を語っています。 ]

賢者たちは創世記24章63節でイサクの「瞑想から夕方に向かって」推論し、イサクは午後(מִנְחָה、mincha)祈りの務めを始めました。


The Weekly Maqam

  • Weekly Maqamでは、毎週セファルディユダヤ人が、その週のパラシャの内容に基づいて、サービスの歌に基づいています。 Parashah Chayei Sarahにとって、セファルディ・ユダヤ人は、サラとアブラハムの両方の死がパラシュアに含まれているので、悲しみと悲しみを表現するマカム・マハム・ハイジャズを適用します。


Tomb of Sarah

- サラの墓は、ヘブロンのマッペラの洞窟にあり、アブラハムと他の聖書の母系と総主教の墓にあります。 毎年、パラシュア・チャイエ・サラがシナゴーグ・サービスで読まれるシャバットには何千人もの人が訪れています。 シャバート・ヘブロンと呼ばれるこの週末は、2万人を超える人々を引き付けることができます。

聖書 新共同訳  新約聖書

聖書 新共同訳 新約聖書